ピンク★ミッション
2005年3月13日、季節外れの吹雪の中で 『★ピンクミッション★第一回植樹会』 が無事に終了したことを報告させていただきますm(__)m。

家を出たときには前日の吹雪が嘘のような快晴で、「やっぱりれすりーがお願いを聞いてくれたんだぁ(^O^)」と喜んでいたのですが、会場に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、神主さんの祝詞が終わる頃には粉雪が降り始め、申し込み順に苗木を受け取る頃には吹雪状態(>_<)。
レスPのフードをしっかりかぶり、首に巻いた黄色いタオルをマフラー代わりに寒さをしのぎつつ、なんとか頑張って3本の苗を植えました。その最中にもあれやこれやとワイワイやりながらの写真撮影に一生懸命。お隣の苗木のオーナーさんにお願いして全員揃っての写真を撮っていただいたときには「みなさんはいったい何のサークルですか?」のご質問をいただくなど、『お揃いのパーカー&首に黄色いタオル姿の怪しい集団』は、和やかな家族連れやカップルが多い参加者のなかでしっかりと目立っていました(^・^)。

『桜の園』を企画した地元情報紙の取材の女性記者からも声をかけていただき、『れすり&LL』をしっかりアピールしてきました。果たして記事にしてもらえるかどうかはわかりませんが、とにかく一番インパクトはあったと思われます(^^ゞ。


3本目を植え終わる頃には猛吹雪で一面真っ白。ノーマルタイヤでは山から下りられないのでは!?と不安になるほどの激しい降りかたでした。めったに雪など降らない岡山県南部での吹雪体験のおかげで、植樹会がより印象的な忘れられないイベントとなりました。
「数日前までの暖かさはいったいどこへ行ったの!?」と叫ぶほどの酷寒での植樹作業はかなり辛かったのですが、やはり試練あっての『れすりー道』まだまだ修行は続くのです。

2本目を植え終わり3本目の苗の順番待ちをしているときに、ちょっとだけ吹雪がおさまた時間があったのですが、ふと空を見上げると厚い雪雲に一ヶ所だけ丸く小さな青空がのぞいたところがありました。私は「あれれ〜れすりーが雲の上から覗いているのかなぁ〜」と思ってしまいました。だとすると、あの吹雪はもしかしたら桜吹雪の代わりだったのかもしれません。
れすりーの気まぐれイタズラ心のせいだったのかも・・・「おやおや〜まだ花は咲いてなかったんだぁ〜じゃあ代わりに白いものを降らせてあげるよ!!」な〜んて言ってたのかなぁ〜(~_~;)。

昨年★ピンクミッション★立ち上げ時に申し込んだ2本は枝垂れ桜でしたので、歩道沿いの目立つ場所に植えることができました。今年になって追加申し込みをした1本は八重桜だったので少し奥の場所になってしまいましたが、ちゃんと目立つように仕掛けをしておきました。
植樹する苗木の大きさがどの程度なのか当日まで判らなかったのですが、もし苗木に枝葉があればぶら下げておこうと思って作っておいた「特製ミニチラシPOP」を、メッセージの足元にくくり付けるという作戦(^_-)-☆。そして枝垂れ桜の足元には桜の造花もしっかりと(^o^)/。
「こんなことしても大丈夫かな〜」と思いつつも誰も止めないのでやっちゃいました(^^ゞ。

これからはちゃんと育っているかどうかの確認&来年度・再来年度の植樹本数を増やすのが私たちの任務だと勝手に思っています。(もしもこの計画に興味のある方や賛同していただける方があれば是非ご連絡ください<m(__)m>。)

植樹を終え吹雪から逃げ出して食べた鍋焼きうどんが美味しかったです。特別なものではありませんが温かいだけで幸せな気分でした(>_<)。熱々うどんをみんなですすりながら「ミッションへの取り組みは真剣なんだけど、やっぱりウケを狙ってしまうのが我々の性よねぇ〜」と話し合った次第です。実は・・・写真撮影に夢中になりすぎて肝心の苗をキチンと植えたのかどうかイマイチ自信がないのです(~_~;)。「植えるときの注意事項!!」とか言われたはずなのにそのとおりにやってないような・・・隣のオーナーさんはすごく丁寧に植えてたなあ〜などと反省する始末。
専門の植木屋さんが後のお世話をしてくれるはずなので心配はないと思うのですが、「妙に騒いでたあの怪しい集団はいい加減な植え方してるな〜」とか言われてるかもしれません。
この点が今回の大きな問題点でした。(来月にはまた様子を見に行ってみようと思っています
次回はもっとキチンと植えよう!と心に誓った我々★ピンクミッション★実行委員でした(^^)。


写真はこちらから