期間限定 ジュリー還暦祝い 「いてまえ〜ジュリー!」に戻る

チョ〜絶品ROCKヴォーカリスト♪ジュリーに、もうちょっといてまいます。

2009年 ジュリーの夏ツアータイトルは「Pleasure Pleasure」!
ってことは・・・・? > 喜喜 > ダブルハピネーーース☆
うわーぃ なんだか縁起が良いかんじ。どうかロッケンでお願いしまぁす♪沢田研二 LIVE2009 ツアー

夏のジュリコン・ネタバレ☆セットリストは
Dynamite-encyclopedia(sideB)さんにて!





『ジュリー祭り』セットリストから始めよう!
ハマったばかりの人、近年の歌を知らない人は、このリストを元に
たぐって 探って 見つけて イキましょう。



Hey!Babe!



Here we go,meeeeen!

  


ロックな一発!
きめてやる今夜 内田裕也(69歳) VS 沢田研二(60歳) ガチンコ勝負!」

恐るべし、ロッケン効果。
まんまとキメられてきちゃいました。





(1969年の二人)




ご参考までに。。。予習動画


気になるお前・・  Good Times


ビートルズやストーンズは外せませんね


これも


Rock'n Roll Baka[きめてやる今夜]聴けます





Tell me what I say



コンサート詳細はコチラクリック


ゆーやさんを ちょっと知るための インタビュー



  


正月恒例のコンサートも いつも通りに されました。
2009沢田研二正月コンサート『奇跡元年』!

2009.1.10 速報!
『奇跡元年』コンサートも ロックで、お衣装も新調。リバウンドなし!
つか、膨らんだしぼんだなんて そんなんもうどうでもええわぃ!なくらい
かっこいいステージだったようです〜(@渋谷C.C.Lemonホール初日)

奇跡元年 セットリスト




  


♪ロッケン名選コーナー♪


  


* ロッケン♪ケンちゃん ご指名盤 *
ロッケンロー聞くなら、コレ。『G.S.I LOVE YOU』


* ロッケン♪ケンちゃん ご指名盤 *
小粋なチェック柄のジャケットの雰囲気と中身のギャップに なんでやねん!となっちゃうアルバムです。クロックムッシュとパンケーキ。なんだかヨコハマな香りがしちゃうって思うのは、久々に行ったヨコハマでパンケーキの専門店に入ったからか・・・>ワタシ。CROQUEMADAME & HOTCAKES(2004年) アルバム解説@wiki

CDはパン型ケース入りです。(写真左) 妙にリアルで美味しそうです。お子様は間違ってかぶりつかないようにした方が良いと思います。

2004年も相変わらずギターガンガン。1曲目から疾走しちゃいますよ。大好物です。amazonのレビューにも書いたのですが「感情ドライブ」(スゴーくヘビィな音です)などはもうほとんどプログレの音で、腰抜かしました。プログレな音をジュリーが唱っているのが衝撃的。そしてそれがしっくりかっこいい。こんなにヘビーなギター音にも埋もれない絶対的なその声。「彼方の空へ」などは、別れの歌でありながらもロックンロール。人という生き物は、強く生きるべき、とそんなことさえもしみじみ感じさせる曲があったり。 好きな曲は、感情ドライブ、夢の日常、オーガニック・オーガズム、彼方の空へ かな。ジュリー祭りでジュリーが選んだのは「届かない花々」でした。

* ロッケン♪ケンちゃん ご指名盤 *
ジュリーどつぼ道まっしぐらのワタクシタチですが、ハマればハマるほど、近年のアルバムがオモシロイと感じます。カッコイイぞー、スゲーゾーって思います。
『忘却の天才』(2002年) アルバム解説@wiki

ジュリーだったら何でもイエス!なつもりは毛頭ありません。が!いやぁ、実にすがすがしくロッケン。気持ちよく骨太。安心する人間くささ。このアルバム、ギターがまたギュンギュンキテますわ。1曲目のヘンテコリンなギターで、なんじゃ?と思いつつ心地よいロッケンスタートです。

半年ほどでかなりの枚数のアルバムを聴きましたが、このアルバムはジュリー祭り以降にいっけんさんから借りました。(ほんとに彼女には膨大な量を貸して頂きました)

ズバリ いいです!

近年のアルバムを聴いていて、シラけないのは、昔と同じ事をやってはらへんからやろなぁ。常に違うことを という姿勢がたまりませんねん。

amazonでのレビューも ナイスな感じです。(ジャケットはアンモナイトの化石みたいに見えちゃうんですが)きっと欲しくなりますよ。来月のお小遣いで買ってください。

* ロッケン♪ケンちゃん ご指名盤 *
いつだって大好きなロッケンアルバムは 2000年 ジュリー51歳のときの2枚組アルバム『耒タルベキ素敵』です! 激推薦です! アルバム解説@wiki







* ロッケン♪ケンちゃん ご指名盤 *
今、私がはまっているのが コレ!『Bad Tuning』(1980)  @wikiにて詳細
このあたりのアルバムは ジュリーにハマっても真っ先には飛びつかずにいたのですが、周りの友人からの情報かなどから”よし!”と思ってまず「TOKIO」 そしてコレを聴いたのです。(いっけんさん 謝謝)

1曲目の バッチュニ〜ングはモチロン好きな曲なのですが、ん?2曲目から数曲はライブ音源なの?(←前調べ全くしていません)

カッコよすぎる。。。。    なんじゃ このアルバムは。がっつしとTVの歌謡番組に出てる頃でしかもお茶の間用ヒット曲バリバリの頃に、コレですか!  全く80年代ぽくない 歌謡曲してないアルバムです。(アルバム「TOKIO」の次のアルバムです)
ジュリーロックの本質を見た!やっぱライブだわねん。
音も結構ベタなロックで、70年代、井上さんたちとやっていたかんじの音なんですね。
でも演奏はAlwaysなんです。これまた驚いた。

ということで、ちょっぴり敬遠しているアナタ。買いなさい。聴きなさい。
「どうして朝」で、イェーイ!ロッキューな気分になり、「PRETENDER」で じぃーんときちゃいます。