□□□
□□




 ☆期間限定BBSこちら





NHKでの特集やライブを見られて、全曲のセットリストを知りたいと思われた方もいらっしゃるでしょう。
これが80曲ライブの全貌ですっ。

テレビでは ほんのさわり程度 サンプル映像? くらいしか・・と言っても1時間半あった
わけですが^-^;  実際のドームライブはすさまじくかっこいい&そりゃぁロックなステージで
会場中が盛り上がりっぱなしでした。ざっと見ても メインの世代(50代女子)に加え
20代の若い世代、30代〜50代、60代、70代の男女も多く、往年のヒット曲ではドーム中が振り付きで
うごめきました。



TVに映った還暦ジュリーを見て
”あらま ジュリーも普通のおっさんになったね”  で終わる人は もう それでいいです。
残念なヒトねぇ。。 と私は思いますが。

この機に ジュリーのロッケン魂に触れて感じてしまった方には、わたくしどもが特にオススメしたい
アルバムがございます。はい。
色が変わっている文字をクリックすると、購入可能な楽天のショップ一覧に飛びます。

『愛まで待てない』『耒タルベキ素敵』『Croquemadame & Hotcakes』、『sur』


あぁ。。どれもいい! 音が過激っ。 ギターがうねっています。

しかし残念なことに、どのアルバムも、きっとお近くのCDショップでは売っていないかもしれません。
でも、ネットでは買えます。沢田研二オフィシャルホームページでご購入頂けます。
こちらから♪ 


 
曲目 収録アルバムまたはシングルジャケット 収録アルバム
知っとこ豆知識
一言メモ
OVERTURE
1.そのキスが欲しい(1993)
『Really Love Ya!』 このアルバム、廃盤なので今となってはオークションで高値で落とすしかないんですよね。
ファンの間ではどうやらカリスマ的な人気の曲です。
2.60th Anniversary Club Soda(1996)
『愛まで待てない』 今回のコンサートでは何カ所か歌詞を還暦バージョンに差し替えて歌われています。歌詞がこの祭りのオープニングにはぴったり!

「終わらぬショウへさぁようこそ レディース・アンド・ジェントルマン 愛してます 今宵のシンガーは ちょうど還暦 金髪だけど イカレたやつ♪」 と唱うセンスの良いジュリーに もうテンションあがりまくり
3.確信(2000) 『耒タルベキ素敵』 50代のがんがんロックなジュリーを御確認されたい方は、ぜひこのアルバムを!
4.A・C・B(2000)
『耒タルベキ素敵』
ザ・タイガース時代によく出演していた新宿のライブハウスのことを歌っている
キター!ACB!!
もっとロッケン!もっと疾走してー ジュリー!
5.銀の骨(1995) 『sur』 6月から、詰め込みながら勉強してきた甲斐がありました。。この曲大好きなんですよ。歌詞が いいんだなぁ。この曲が入っているアルバムもおすすめです!
6.すべてはこの夜に(1984) 『ノンポリシー』
mimokoさんがとっても聞きたがっていた曲だったので、とっても印象に残っていたんですが、ドームで聞けたのはうれしかったです。吉川晃司がカバーしています。
7.銀河のロマンス(1968) シルビィーマイラーブ♪を合唱できるとは。。感激しました。
8.モナリザの微笑(1967) たまりませんなぁ。。雨がシトシト日曜日。。
9.青い鳥(1968) 『ヒューマン・ルネサンス』
タローさんのコーラスが頭をグルグル。何度も何度も見た映画「華麗なる招待」のクライマックスの曲!感激で泣きそうになりました・・・・
10.シーサイド・バウンド(1967)
やっぱ 一緒に踊らなきゃね。あのステップ。
11.君だけに愛を(1968)
ドームでは周りのお客さん きゃーーーー と黄色い声が! 
12.花・太陽・雨(1971) 『PYG』 感激〜 かっこいい〜!!シビれたぁぁ。。PYG最高です。
13.君をのせて(1971)
シングルジャケ
ソロでの1発目の曲ですね。ライブではわかりづらいですが、原曲は出だしのメロディが大好き。
14.許されない愛(1971)

シングルジャケ

『JULIE U』
あぁ。。愛がいっぱいメドレー
15.あなたへの愛(1973)

シングルジャケ
16.追憶(1974)

シングルジャケ
『チャコール・グレイの肖像』 おおニーナ!素敵な歌声は昔と変わらず!夏に初めて行った還暦ジュリーのコンサート。そこでこの歌声を聞いて震えが来たのを思い出します。
17.コバルトの季節の中で(1976) 『チャコール・グレイの肖像』 作詞:久世光彦 作曲:沢田研二
18.巴里にひとり:モナ・ムール・ジュ・ヴィアン・ドゥ・ブ・ドゥ・モンド(1975)
『KENJI SAWADA』
おフランス語で歌われました^-^
19.おまえがパラダイス(1980)
『G.S.I LOVE YOU』 80's世代にはたまらないナンバーですね!ここから3曲はビートの効いた曲でダンス♪
20.6番目のユ・ウ・ウ・ツ(1982)
一緒に”ハッ!ハッ!ハッ!”やりたいよねぇ〜 とカラオケで盛りあがっていた曲だったのですが、まさか演ってくださるとは!
21.晴れのちBLUE BOY(1983)
そう!このコクだって、まさかでした。うれしぃ〜!!還暦でジャングルビートぉぉ〜
22.Snow Blind(2005) 『greenboy』 スローで、しっかり歌詞も聞かせてくれて ちょっとうっとり。。
23.明星-VENUS-(1987)
『告白-CONFESSION-』 YOUTUBEで特大成功を祈られているファンの方がアップされているのを初めて聴いて、涙した曲でした。こちら
24.風は知らない(1969) タイガースシングルコレクションでお勉強済み♪好きな曲です^0^
25.ある青春(1973)
JULIEVI ある青春 良い曲ねぇ。。んもう〜泣けた泣けた。
26.いくかの場面(1975)
いくつかの場面 さらに、泣けました。
ツインギターにシビれました。
27.単純な永遠(1990) 『単純な永遠』
28.届かない花々(2004) 『Croquemadame & Hotcakes』 近年の曲は やはり唱いやすそうです(キーとか・・)しっくりじっくり聞けるコーナー
29.つづくシアワセ(2002) 『忘却の天才』 シアワセソング オンパレード。
30.生きてたらシアワセ(2007) 『生きてたらシアワセ』
31.greenboy(2005) 『greenboy』 骨太な強いジュリー。重厚なロックって感じですね。
32.俺たち最高(2006) 『俺たち最高』 周りのジュリーマニアさんたちの振りに合わせて手拍子しました♪ライブでは盛りあがる曲ですね。ジュリーの指笛がキマってました♪
33.睡蓮(2003)
『明日は晴れる』 ハジケてイっちゃおう〜 という歌詞がいいですね!作詞はジュリーです。
34.ポラロイドGIRL(1989)
『彼は眠れない』 さぁ、ここからノリノリナンバーです!手を挙げてフリフリ踊りましょう。
35. a・b・c.....i love you(1990) 『単純な永遠』
36.サーモスタットな夏(1997)
『サーモスタットな夏』 サーモスタット ななつ〜
37.彼女はデリケート(1980)
『G.S.I LOVE YOU』 走りまくります。シャウトしまくります。恐るべしジュリー!
38.君のキレイのために(2000)
『耒タルベキ素敵』 うはーーーキターーー!このコク。スピード感有るナンバーで、ジュリー走る走る!ジュリー大阪MC”いつもより多めに走りましたぁ”
39.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!(1997)
『サーモスタットな夏』 なんだか聴く方も歌われている方もアモーレ!なハッピーナンバーでしたぁ。
この1部のラストに”歌い尽くしてない”と歌われた日にゃぁ もう いてまえ〜ジュリー〜 なのです!
40.さよならを待たせて(1995) 『sur』
41.世紀の片恋(2000)
『耒タルベキ素敵』
42.ラヴ・ラヴ・ラヴ(1969) TGファンの方は思い出深い歌ですね。TG解散コンサートの最後の曲です。
”時はあまりにも早く過ぎゆく・・・”

Lの字をして 手を振りながら歌えるなんて感激です!
ファンサービス:サイン入りボール投げ
”ちょっと休んでまたやりまぁーーす♪”(大阪MC) で休憩に突入
43.不良時代(1972)
『JULIEW 〜今、僕は倖せです』
44.Long Good-by(2008) 『Rock'n Roll March』
45.涙(1972) 『JULIEW 〜今、僕は倖せです』
46.美しき愛の掟(1969)
47.護られている I love you(2008) 『Rock'n Roll March』
48.あなただけでいい(1972)
49.サムライ(1977)
『思い切り気障な人生』
50.風に押されぼくは(2008) 『Rock'n Roll March』
51.我が窮状(2008 『Rock'n Roll March』
52.Beloved(2008) 『Rock'n Roll March』
53.やわらかな後悔(2008) 『Rock'n Roll March』
54.海にむけて(2008) 『Rock'n Roll March』
55.憎みきれないろくでなし(1977)
『思い切り気障な人生』
56.ウィンクでさよなら(1976)
57.ダーリング(1978)
『今度は、華麗な宴にどうぞ』 (東京)
58.TOKIO(1979)
『TOKIO』
Instrumental
59.Don't be afraid to Love(1991) 『パノラマ』
60.約束の地(1992) 『Beautiful World』
61.ユア・レディ(1973)
62.ロマンスブルー(2008) 『Rock'n Roll March』
63.TOMO=DACHI(2008) 『Rock'n Roll March』
64.神々たちよ護れ(2008)
『Rock'n Roll March』
65.ス・ト・リ・ッ・パ・ー(1981)
『ストリッパー』
66.危険なふたり(1973)
67.おまえにチェックイン(1982)
『Wonderful Time』
68.君をいま抱かせてくれ(1994) 『Hello』
69.ROCK'N ROLL MARCH(2008)
『Rock'n Roll March』
大阪MC:(東京よりぶっちゃけてはって スキです。)

楽しんでくれてますかぁぁ

死んでませんかぁぁ

ありがとうございましたぁぁ


えーー

無謀な試みを思いつきまして

そして、一日がかりのコンサートで ほんとにみなさんには
ご迷惑をおかけいたしました。(迷惑やないでぇぇ と客席からツッコミあり)

ほんとに こんな薄暗い中で何が祭りやってかんじでございますが
最後までおつきあいいただきまして ほんとにありがとうございました。



今年は還暦イヤーということで、なんかやりたいやりたいと前から思っていたわけですがこれ2年越しの計画でして お客さんが来てくれんねやったらやるといって始めたんですが
それにしましても 2万人もの皆さんに来てもらいまして ほんとにありがとうございます!


僕の人生は プロ野球の選手になるという夢があったんですが、それはもう中学3年で挫折しまして
それから夢を見たことがなかった人間です。

それが ザ・タイガースというすごい夢を経験できて(客席拍手)
未だに僕は夢の中に生きているような気がします(涙声)


そして 夢の中にいたものですから、夢の中にいながら夢を見ると言うことは僕には出来ませんでした

毎日毎日を 日常を 現実を 生きていくと言うことに自分は邁進してきました。
そして今年60を迎えて こうして2万人もの皆さんの前で歌うことができることをほんとぉにうれしく思います(涙声) (会場中から ジュリー!声援拍手!!)



・・・・・・・今日は仏滅。


でも、ほんとにたくさん来て頂いて ありがとうございました。



もうあと十何年 出来るのでしょうか

1日でも長く歌っていたいと思います

そのために 怠けるところは怠けて

力を抜くところは抜いて

楽をするところは楽をして  (抜いてばっかやないか、と客席からツッコミあり笑)

これからもやっていきたいと思います。

2008年 11月29日 仏滅の日を 僕は忘れないと思います


ありがとうございました。
おまけですぅ〜
70.カサブランカ・ダンディ(1979)
71.勝手にしやがれ(1977)
『思い切り気障な人生』
72.恋は邪魔もの(1974)
73.あなたに今夜はワインをふりかけ(1977) 『思い切り気障な人生』
74.時の過ぎゆくままに(1975)
いくつかの場面 まだあの曲が
75.ヤマトより愛をこめて(1978)
『今度は、華麗な宴にどうぞ』
76.気になるお前(1973)
JULIEVI ある青春
77.朝に別れのほほえみを(1968) 『ヒューマン・ルネサンス』
78.遠い夜明け(2000)
『耒タルベキ素敵』
79.いい風よふけ(1999) 『いい風よ吹け』
80.愛まで待てない(1996)
『愛まで待てない』 あと1曲〜っっっっっっっのシャウトで始まったこの曲。

走りまくります。シャウトしまくります。80曲目にこの疾走感!来年、さらなるロックジュリーへの序曲とも思えました。


買っておきたい このアルバム
耒タルベキ素敵(2000年) アルバム解説@wiki
 他のオススメアルバムこちら






□□
□□□